FXで為替レートが急変する理由とは

FXでは、どんな通貨ペアでも為替レートが急変するときが多々あります。買いが多ければ為替レートは上がりますし、売りが多ければ為替レートは下がりますが、もう少し掘り下げて考えてみましょう。FXで新規にポジションを建てる時には、取引量が少ない時には1回の注文で済みますが、取引量が大きくなるほど数回に分けて注文します。



これは、1回で大量の注文を出しますと為替レートの動きが急になりやすいですから、成行にしろ指値にしろ何回にも分けて注文することで目立たないようにポジションを建てるようにするわけです。

Yahoo!知恵袋の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

しかし、FXは相場ですから、いつでも損失のリスクがつきまといます。

そのために逆指値注文(ストップロス)を出しておいて、あるていど損失を限定するのが一般的です。

ただ、この逆指値注文は、指定した為替レートに達した瞬間に、成行注文が有効になるという注文ですから、大量のポジションの解消が一気になされます。

このように、一方的な大量の注文はレートを急変させるには十分で、よくストップロスを巻き込んで為替レートが急変したといわれるのは、上記のようなわけなのです。

そして、逆指値注文は事前に出しておきますので、どの為替レートに注文がかたまっているのか、わかる人にはわかってしまいます。

トルコリラはかなり有益な情報が揃っています。

そして、為替レートが逆指値注文のかたまっているところへ動くように変化させ、逆指値注文を発動させて、相場が急変したところでポジションを解消するという手法で儲けることもある人々にはできます。

上記が為替レートが急変する理由の全てではありませんが、こういうこともあるということです。